イケメンだと思うスポーツ選手(日本人男性)ランキングベスト9【100人へのアンケート調査】

エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」(https://saru.co.jp/tvmaga/)を運営する株式会社WonderSpaceは、スポーツ選手に関するWeb調査を行いました。その結果を公開いたします。

イケメンは芸能界だけではなく、スポーツ界にも多数。
この記事では、「イケメンだと思うスポーツ選手(日本人男性)」について100人にアンケートを実施した結果を、選んだ理由とともにランキング形式で発表します。

 

1位:大谷翔平(野球)

第1位は大谷翔平選手。1994年7月5日、岩手県生まれ。NPBで投手と野手の「二刀流」で活躍。2018年からMLBに舞台を移し、ロサンゼルス・エンゼルスに在籍。2023年はWBC優勝に貢献してMVPに。日本選手初のホームラン王獲得、さらにア・リーグの最優秀選手(MVP)を2年ぶり2度目の受賞。2度目の満票は史上初の快挙となりました。

【選んだ理由】

「大谷翔平選手の魅力はその多才な能力にあります。野球の世界で「二刀流」として名を馳せ、投手としても打者としても卓越したパフォーマンスを見せる彼は、スポーツの枠を超えた才能の持ち主です。彼のプレイには熱意とエレガンスが溢れ、野球ファンだけでなく、多くの人々を魅了しています。その謙虚な態度と常に前進しようとする姿勢は、多くの若者にとって模範となっています」(犬男)

「小顔で高身長なのでビジュアル的にもイケメンだが、日本全国全ての小学校にグローブを寄付するなどの行動面でもイケメン。監督などの大先輩に当たる人物とでもすぐに打ち解けて仲良くなれるところもイケてると思う」(あみりん)

「野球の実力はもちろん、スラっとしたスタイルに、小さい顔、性格も抜群で、言う事はない位イケメンだと思います。普段冷静な雰囲気なのに、WBCで闘志をむき出しにした時もかっこよかったです」(なおぽん)

 

2位:髙橋藍(バレーボール)

第2位は髙橋藍選手。2001年9月2日、京都府生まれ。現在は日本体育大学の学生ながら、イタリア1部リーグ・セリエA モンツァに所属して活躍中。男子バレーボール日本代表の試合でも目覚ましいプレーを見せ、16年ぶりとなる「自力五輪出場」の立役者に。

【選んだ理由】

「顔がもちろんイケメンなのはもちろんですが、性格が愛されキャラのところがさらにカッコよく見えます。イケメンの人はクールな人が多い印象ですが、先輩をいじったり自分もいじられたりしているのを見ると、見た目とギャップがあって非常に癒されます」(イズミックス)

「元々はそんなにバレーボールに興味はなく知らなかったのですが、初めてこの選手をテレビで見たとき思わず惹きつけられたのを覚えています。端正な顔立ちで話すと可愛いというギャップも魅力的で、彼をきっかけにバレーを見るようになったという女性も多いのではないかと思います」(ちゃちゃ)

 

3位:石川祐希(バレーボール)

第3位は石川祐希選手。1995年12月11日、愛知県生まれ。イタリア1部リーグ・セリエA
ミラノで活躍中。男子バレーボール日本代表では主将としてチームを牽引し、パリ五輪出場権を獲得。自身9シーズン目となるイタリア・セリエAでは優勝、MVPが目標とコメントしています。

【選んだ理由】

「身長が高く、がっちりとした体格で、バレーボールでは日本を代表するエースとしてチームを支え、あっさりとした塩顔で落ち着いた雰囲気を出しつつ、試合中は逆にアグレッシブな時があったり、豪快なサーブ、アタックをガンガン打っていく、男らしい選手で、カッコいい選手だと思います」(みのるし)

 

4位:ダルビッシュ有(野球)

第4位は:ダルビッシュ有選手。1986年8月16日、大阪府生まれ。NPBで活躍後、2012年にレンジャーズでMLBデビュー。ドジャース、カブスを経て、21年にパドレスへ移籍。史上最速でメジャー通算1500奪三振の金字塔を打ち立てました。22年は10年ぶりに16勝をマーク。23年は日本が3回目の優勝を果たしたWBCでも貢献しました。

【選んだ理由】

「とても端正な顔立ちで凛々しい顔立ちをしているからです。9頭身のスレンダーな体格もモデル並みだと思うからです。年齢を重ねてもいつまでも若々しくスレンダーな体型も維持しているからです」(りりり)

 

5位:羽生結弦(フィギュアスケート)

第5位は羽生結弦さん。1994年12月7日、宮城県生まれ。2022年に競技生活に幕を引き、プロフィギュアスケーターとして活躍中。19歳の時にソチ2014のフィギュアスケート男子シングルにおいて、アジア人初となる金メダルを獲得。平昌2018で圧巻のパフォーマンスで魅了し、オリンピック2連覇。ほか、4回転ループを世界で初めて成功させた記録を持つなどの偉業を達成しています。

【選んだ理由】

「鼻筋の綺麗な塩顔のイケメンで、お顔が非常に小さく、肌も透明感があり、中性的な美しさがあるからです。高身長で細身、手足も長く、スタイルが抜群に良いと感じます。柔らかい笑顔も魅力的です」(いぬの)

 

6位以下のランキング

6位:坂本勇人(野球)
7位:大迫傑(マラソン)
7位:谷口彰悟(サッカー)
9位:井上尚弥(ボクシング)
9位:五十嵐カノア(サーフィン)
9位:高橋慶帆(バレーボール)
9位:三浦知良(サッカー)
9位:三笘薫(サッカー)
9位:平野歩夢(スノーボード・スケートボード)

 

——————————————
【調査概要】
・調査期間:2023年11月9日〜11月13日
・調査機関:自社調査
・調査対象:10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)
・有効回答数:100名
・調査方法:公式Twitterアカウント、他インターネット
——————————————

Contact

貴社に最適な戦略的マーケティング施策を提供